職務発明

他の多くの国とは異なり、ドイツでの従業者の発明には、特別な職務発明法が適用されます。この法律は、適用される範囲、発明に関わる権利を従業者から雇用主に移転できる条件、結果として従業者と雇用主にどのような権利や義務が生じるかについてを規定しています。このため、従業者には中でも、適切な補償金を受ける権利があります。この従業者による発明に対する補償金の計算方法は、正式なガイドラインで定められています。


BARDEHLE PAGENBERGの弁理士および弁護士は、雇用主と従業者に対して職務発明法についての助言や職務発明の補償金を計算する方法のガイドラインについて多くの助言を提供しています。特に、この法規制の遵守、特定の場合における発明者への補償金の計算、職務発明法および社内の職務発明の補償に関するガイドラインの適用を簡素化する個別のプロセスの決定をお手伝いしています。また、紛争が発生した場合は、当事務所の弁理士と弁護士が管轄裁判所およびドイツ特許商標庁の従業者発明法に基づく仲裁委員会で代理業務を行います。
 

BARDEHLE PAGENBERG
Partnerschaft mbB

Patentanwälte Rechtsanwälte

Prinzregentenplatz 7
81675 Munich
Germany

Tel: +49 89 928 05-0
Fax: +49 89 928 05-444
Eメール: info(at)bardehle.de

当事務所オフィス

専門記事

以下は、当事務所の職務発明のエキスパートによって書かれた簡潔なIPの知識集です。当事務所のIP冊子やIP記事をご覧ください。