半導体技術

トランジスタの発明以来、半導体技術の革新は、技術のほぼすべての分野に大きな影響を与えてきました。

半導体技術では、技術革新はしばしば、製造工程の改善に基づいています。製造工程が製品の測定可能な特性に影響を与えない限り、ほとんどの国では、独立した特許請求項を方法に向けることが要求されています。このため、競合他社での製造や実際の執行可能性の問題を考慮した出願戦略を練ることが非常に重要です。特許請求項の明確な記述のために、特に基礎となる工程が物理的または化学的な面で不正確にしか特徴づけられない場合には、「プロダクト・バイ・プロセス」の特徴を定義することが望ましいことが証明されています。

保護権を行使しようとするとき、半導体技術の企業は、保護された方法または保護された装置の競合他社による使用を証明しなければならないという問題にしばしば直面します。当事務所の弁理士と弁護士からなる学際的チームは、このようなケースでもクライアントの利益を代理し、例えば閲覧手続きの過程で必要な情報を得るのに成功しています。また、私たちのチームは、ドイツ特許法第9条第2文3に準拠した派生製品の保護の行使に関する豊富な経験を持っています

 

BARDEHLE PAGENBERG
Partnerschaft mbB

Patentanwälte Rechtsanwälte

Prinzregentenplatz 7
81675 Munich
Germany

Tel: +49 89 928 05-0
Fax: +49 89 928 05-444
Eメール: info(at)bardehle.de

経路を表示する

お問い合わせ

専門記事

以下は、当事務所の半導体技術のエキスパートによって書かれた簡潔なIPの知識集です。当事務所のIP冊子やIP記事をご覧ください。

現在、お知らせはありません