Marie-Claude Pellegrini(マリー-クロード・ペレグリーニ)

Pellegrini(マリー-クロード・ペレグリーニ)

Marie-Claude Pellegriniは、知的財産法の分野で、特に、特許出願書類の草案と作成、特許権の行使、ライセンシング、特許ポートフォリオの管理・監査、FTO (Freedom to Operate) 調査、欧州特許庁での異議申立・上訴手続きを含む特許侵害・有効性に関する訴訟、知的財産関連の契約などにおいて豊富な経験を有しています。

同氏の専門の技術分野には、特にコンピューターサイエンス、電子工学、情報技術および通信、スマートカード、力学、自動車分野、航空分野が含まれます。


BARDEHLE PAGENBERG SAS SPEの弁護士、欧州特許弁理士

オフィス: パリ

言語: 英語, フランス語

+331 53 05 15 00
pellegrini(at)bardehle.fr

vCard

プロフィールをダウンロード

法的通知

メンバーシップ

Marie-Claude Pellegriniは、特許を専門とする知的財産権の有資格者リスト登録のための試験のINPI(フランス特許商標庁)審査委員会の委員およびASPI(フランス産業財産権専門家協会)における欧州資格試験の論文Cのチューターです。

2021年
2021年~現在

BARDEHLE PAGENBERG SAS SPE(仏パリ)のパートナー

2016年
2016年

法学修士2:法学・経済学・経営学(専門分野:産業財産権法)

2015年
2015年~現在

BARDEHLE PAGENBERG(仏パリ)の欧州特許弁理士

2012年
2012年 - 2015年

Valeo社のサーマルシステムズ・ビジネスグループの知的財産ディレクターおよび欧州特許弁理士

2011年
2011年

ストラスブール大学(仏)で商標および工業意匠の専門職学位(CEIPI)を取得

2009年
2009年

ストラスブール大学(仏)のCEIPIで、欧州における特許訴訟に関するDiplôme d'Université d'études supérieures(学士号)を取得(欧州各国の特許法および司法制度に関する研究)

2007年
2007年 - 2011年

BULL SASの知的財産ディレクターおよび欧州特許弁理士

2006年
2006年

フランスの弁理士実務を行う認可を取得

欧州特許弁理士として実務を行う認可を取得

2004年
2004年 - 2007年

Cabinet Santarelliで特許技術者、フランス弁理士および欧州特許弁理士

2002年
2002年 - 2004年

Canal+ Technologies社の特許エンジニア

2002年

ストラスブール大学(仏)のCEIPI(国際知的財産研究センター)の特許分野における専門的学位を取得

1999年
1999年 - 2002年

Gemplus社( 現在のGemalto社)の研究部門で研究技師、知的財産部門で特許エンジニア

1999年

国立ポリテクニック研究所(Institut National Polytechnique。仏グルノーブル)でコンピューターサイエンスの博士号(Ph.D.)を取得